冷え性とシャワーの関係

冷え性に効く入浴方法とは

冷え性を改善するためには

毎日湯船に浸かってしっかりと温まることが、冷え性の改善に繋がります。お湯に浸かって温まることで、血液の循環が良くなり、汗をかきやすくなります。汗腺が活性化し、老廃物の排出も促されるでしょう。湯船に浸かって温まることで、副交感神経が優位になり、身体も心もリラックスできるのです。

冷え性改善に効果的な入浴方法としては、あまり熱すぎない温度のお湯に長く浸かることです。身体を温めるために湯船に浸かるということで、お湯の温度が高い方がいいと考える人も多いでしょう。41~42度くらいの熱いお湯に浸かって温まる人もいるかと思います。しかし、熱いお湯の場合にはあまりリラックスすることができません。そのため、副交感神経よりも交感神経が優位になり、血管が収縮するようになります。逆に血の巡りが悪くなってしまうでしょう。

熱いお湯で身体を温めると身体の表面が熱くなり、いかにも温まっているように思えてしまいますが、温まっているのは表面の皮膚だけです。また、熱いお湯に長く入っているのは辛いため、湯船に浸かっている時間も短くなるでしょう。

これに対してぬるめのお湯なら、リラックスした気分で長く浸かっていられます。身体全体をゆっくりと温めて、38~40度くらいのお湯に15分くらい浸かっているのが、ちょうどいいでしょう。そして、上半身よりも下半身の方を温めるといいです。15分というとけっこう長く感じられるかも知れません。

そんなときはながらバスタイムがおすすめです。
防水加工のテレビや音楽プレーヤーを使って、テレビを見たり音楽を聴いたりしながら、入浴すると、すぐ時間が過ぎて行きます。入浴後は軽いストレッチやマッサージなどをすると、血行促進により効果があるでしょう。

Copyright © 冷え性とは一体どんな状態?. All rights reserved.