冷え性とシャワーの関係

冷え性とは一体どんな状態?

冷え性の症状の概要を説明

女性を中心に冷え性に悩む人は多いです。一方で冷え性でない人の場合、冷え性がどんな症状なのかよく分からないという人もいるかと思います。何となく寒いのかと思っている人もいるでしょう。冷え性というのは、身体の一部が冷えやすい状態や体質のことを指します。冬などに寒く感じるのとは異なり、身体全体ではなく腰や手足など身体の一部だけです。主に下半身が冷えるという人が多い傾向にあります。寒くない室内にいるときや、暖かい季節にも冷えるのも特徴です。

冷え性の人は身体の一部が常に冷たい状態になっているので、体感的に辛く感じるでしょう。冷え性を改善したいと思っている人は暖房器具などを使ったり、厚着をしたりして冷える箇所を温める人が多いです。そうすることで冷え性の症状を緩和することができます。温かい飲み物を飲むのもいいでしょう。

しかし、そのようにして身体の外から温めても症状が緩和されるだけで、冷え性そのものが治るわけではありません。暖房を切ったり厚着をしなかったりすると、再び身体が冷えてしまいます。

冷え性の原因は身体の芯が温まらないことになります。主に血液循環があまり上手く行っていないケースが多いです。血管が圧迫されることなどが原因で、下半身に十分な血液が行き渡らなくなってしまい、冷え性に繋がるケースが多く見られます。交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、血流が不十分になってしまうことも多いです。

冷え性の状態を放置しておくと、身体が冷えて辛いだけに止まらず、身体が危険に晒されやすくなってしまうこともあります。体温が低い状態が続くため、身体の免疫機能が弱まります。そのため、アレルギー疾患などの病気にかかりやすくなってしまうのです。女性の場合には、冷え性による免疫機能低下が原因で、膀胱炎になってしまうケースもあります。

Copyright © 冷え性とは一体どんな状態?. All rights reserved.